ハロウィンの市場規模って?経済効果の推移や売上について|2018ハロウィン情報【写真あり】.com


 

トップページ > ハロウィンのコラム > ハロウィンの市場規模って?経済効果の推移や売上について

ハロウィンの市場規模って?経済効果の推移や売上について

日本

日本のハロウィンの市場規模は1100億円/年と言われていています。
今やその規模はバレンタインの市場規模を上回っているとも言われていて、しかもその勢いは止まる気配がありません。
バレンタインと違って、ハロウィンは仮装グッズや大規模なイベントが開かれることがその一つの要因と言われています。
川崎や渋谷のハロウィンの熱気だけでなく、最近では首都圏を中心に繁華街などで様々なイベントが開かれています。

イギリス

イギリスでは古代ケルト人に起因する暗いイメージの風習としてハロウィンが水面下で受け継がれてきていましたが、21世紀に入ってから、アメリカの商業主義の流れに乗ってハロウィンの市場規模が急速に伸びています。
2001年のイリギスのハロウィン市場は20億円でしたが、それが2010年には440億円になっていると推定されています。
イギリスでは仮装の衣装や花火が人気賞品です。

アメリカ

アメリカではコスチュームも人気ですが、自宅の庭に装飾を施すヤードデコレーションも人気です。
2001年には1000億円ものデコレーション費用が使われたと言われています。
既にこのような市場規模を持っているので、アメリカでは「ハロウィン特集」が商業的にも欠かせないものになっています。
また、アメリカではカボチャや植木を使ったメイズ(迷路)も人気です。日本でいう肝試しと、迷路を組み合わせたようなものです。
さらに、アメリカではホーンテッドマンションのようなホラー系のアトラクションは「ホーンデットアトラクション群」として、産業化されています。今や、ハロウィン期間中だけでなく、このようなアトラクションは年中楽しめるようにもなっています。

このコラムを読んだ方はこんなコラムも読んでいます

  • ハロウィンのジャックオーランタンについての雑学・基本知識
  • ハロウィン?ハロウィーン?どっちが正しいの?
  • ハロウィンでグループ仮装やペアコスチュームってどう?
  • ハロウィンの発祥とは?歴史や由来、起源を教えます

  • ハロウィンのイベント一覧

  • 東京23区のイベント一覧
  • 東京西部のイベント一覧
  • 神奈川のイベント一覧


  • Page Top