ハロウィンのセリフって?定番のあの言葉、教えます|2018ハロウィン情報【写真あり】.com


 

トップページ > ハロウィンのコラム > ハロウィンのセリフって?定番のあの言葉、教えます

ハロウィンのセリフって?定番のあの言葉、教えます

トリック・オア・トリート

ハロウィンのあのセリフと言えば、「トリックオアトリート」です。
「お菓子をくれなきゃイタズラするぞ!」という意味ですね。

「トリック」とは?

トリックと言うとミステリー小説のトリックを思い浮かべますが、もともとtrickというのは「人を騙すためのイタズラ」という意味があります。
子供たちはお菓子をくれない家庭にはイタズラをすることができます(欧米ではイタズラは一般的で、日本ではあまり見られません)。
欧米の子供たちはやんちゃで、お菓子をくれないと卵を投げたり、水鉄砲をあてたりと言ったことは普通にあるそうです。
なお、ハロウィンが現在のように子供たちのお菓子イベントになる前の頃は、若者たちが街中の扉を外したり教会を打ち壊したりといった破壊行為が黙認されていたと言います。

「トリート」とは?

treatには「ごちそうを出してもてなす」という意味があります。
実際に家々を訪問してごちそうを食べるのは大変なので、お菓子を貰うことになっています。
もらえるお菓子はキャンディ、クッキー、ガム、リンゴジュース、ナッツ、カボチャのスイーツなどが挙げられます。
日本では地域によっては和菓子がもらえることもあるそうです。なんだか日本的で良いですよね。

意図的にお菓子をくれない家もある

アメリカのハロウィンでは、あえてお菓子をくれずに、子供たちがイタズラするように仕掛ける家庭もあります。
しかし、大人側も黙ってはいません。ハロウィンでは子供たちに対して逆襲することも許されています。
本物そっくりの幽霊がゾンビのコスプレをして子供たちを驚かせたり、水鉄砲に対して水鉄砲で応酬したり。
お菓子を与えなくても、大人側も楽しめるイベントになっているというのが、アメリカのハロウィンの特徴です。

このコラムを読んだ方はこんなコラムも読んでいます

  • ハロウィンのかぼちゃってどんな意味?
  • ハロウィン?ハロウィーン?どっちが正しいの?


  • Page Top