ハロウィンを販促のビジネスチャンスに!|2018ハロウィン情報【写真あり】.com


 

トップページ > ハロウィンのコラム > ハロウィンを販促のビジネスチャンスに!

ハロウィンを販促のビジネスチャンスに!

販促のアイディア

パッケージ

販促品のパッケージをハロウィンにするだけで、ハロウィン限定!のような感を出すことができます。
ハロウィンと言えば魔女とかぼちゃです。黒猫も一般的です。包装のイラストにお化けのようなカボチャを使うだけでハロウィンの販促効果が期待できます。

ハロウィンの色と言えばオレンジ、黒、茶色、紫と相場が決まっています。左から順によく使われます。
オレンジはやはりジャックオーランタンであるカボチャの色で、黒はハロウィンの不気味さを表していて、茶色はオレンジの区切りや強調として使われます。紫はハロウィンの「夜」のイメージと、「魔女」のイメージが重なります。

音楽

ハロウィンの曲と言えばきゃりーぱみゅぱみゅの「Crazy Party Night ぱんぷきんの逆襲」や、AKBの「ハロウィンナイト」を挙げる人も多いでしょう。
販促にあたってこのような曲を販促エリアで使うことで、ハロウィン効果を期待することができます。

レンタル

レンタル業者であれば、レンタル品をハロウィン仕様にするのもアリだと思います。
逆に、ハロウィン関連の資材をレンタルするのも良いでしょう。ハロウィンは仮装だけでなく装飾にも時間やおカネが使われます。こうしたものに焦点を当てたレンタル品なども良いでしょう。

販促にハロウィンを選ぶ理由って?

そもそも、何故販促にハロウィンを選ぶのでしょう?
それは、ハロウィンが「購買意欲をそそる期間」であるというポジティブな面と、10月下旬はハロウィン以外に販促に適したイベントが無いと言うカレンダー的な都合による面があります。
ハロウィンの市場規模は、今や欧米だけでなく日本でも、バレンタインデーを超えたと言われています。バレンタインデーは基本的にチョコだけですが、ハロウィンはお菓子だけでなくイベントでおカネを消費したり仮装に思いのほかお金がかかってしまいます。
バレンタインデーは行動するのにも「勇気」「恥ずかしさ」がありますが、ハロウィンは気軽にグループ仮装なんていうのもできてしまいます。年に一度の仮装でお祭り騒ぎが許される日なので、人々の購買意欲も高いのです。仮装だけでなく、それ以外にも消費者はお金を出してくれるのです。相乗効果を引き出しやすいテーマと言えます。
また10月の下旬は、9月の「お月見、秋の連休、運動会シーズン」と、12月のビッグイベントである「クリスマス」のちょうど中間とも言えます。この期間中の空白期間は埋めたいものです。ハロウィンがその役割を担ってくれますし、他に被るイベントも少ないため、ハロウィンはカレンダー的にも都合がいい販促期間なのです。
ぜひ、ハロウィンを「販促」のチャンスとして、ビジネスとしてとらえてみましょう。

このコラムを読んだ方はこんなコラムも読んでいます

  • 今年のハロウィンで話題になりそうなトレンド情報
  • ハロウィンの仮装コスチュームランキング


  • Page Top